カテゴリー
ブログ 美術館に行ったよ

シスコ・パラダイス

昨日10/19(火) 世田谷美術館で開催中の展示会へ

53歳にして絵を描く生活を始めた、塔本シスコさんの作品展

画家を目指していた息子さんが、家を出た後に残していった

キャンバスの絵を包丁で削りとってその上から描いたのが初めらしい。その絵を見た息子さんが制作の後押しを決意

そして、シスコさんは91歳でその生涯を閉じるまで描き続けました

その絵は、自由で楽しくて、見ていると元気になっちゃう

花が、虫が、動物が、人間が…生き生きと描かれている

いつでもなんにでも、描きたい時に描いていたのだろうな

ダンボールや板にでも描いているのにはちょっと驚いた

世田谷美術館/シスコ・パラダイス

https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00206

カテゴリー
ブログ

夏❣️アートで遊ぼう

先日「メッツァ」へ行ってきました。平日でしたので駐車場は無料、来客も少なく『ムーミンバレーパーク』は当日券あり!でしたが、あまりの暑さに秋になったら来よう!と決めました。ショッピング&レストランスペースに行き、買い物してからカフェで美味しいトマトジュースを飲んできました。

さて、れー夢式曼荼羅アートのワークショップを開催いたします
〈基礎レッスン〉8月25日(水)10:00〜12:30 【 4名さま限定】

初めての方が楽しんで〈基礎〉を学べるレッスンです。画材などはこちらで用意しますので、手ぶらでお越しいただけます。〜〜普段、アートをしている人もしていない人も、型を使った曼荼羅アートで遊びましょう。

詳しくはこちらから

https://webgallery.shop-pro.jp/?pid=159330347

カテゴリー
ブログ

絵本をたくさんの人に見てもらいたい

今までは「家族の思い出」だった手作り絵本を

今度は、印刷・製本してたくさんの人に見てもらいたい

と思うようになった

なぜか?

先月13日、東北地方で大きな地震があり

10年前の東日本大震災を思いおこさせた

その時、10年前に作った手作り絵本を思い出し

棚の奥から引っ張り出して、読んでみたのがきっかけ

震災後の復興に希望を感じて作った絵本は

時間が経っているのに色褪せていなかった

ふっと、「たくさんの人に読んでもらいたい」って思った

作った制作物(アート)は、人に見てもらって

さらにエネルギーが入ることを知ったから

一か月ほど前の展示会に出品した

私の描いた絵は

たくさんの人に見てもらったことで

たしかにエネルギーが増したのだ

古生物を描いたんだけど

いきいきとして見えるようになった

自分の思いこみ…とも言われそうな内容だが

これはきっと、何かしらものを作る人

アーティストならわかってもらえると思う

ところでこの絵本

どんな方法でたくさんの人に見てもらう?

絵本という形は崩したくないけど

自費出版はお金がかかりすぎる…

悩んでいた時に思い出したのが

毎年、コミケで自作の漫画を販売していた友人のこと

販売の仕方はいろいろある💡